Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

音楽ともに過ごす日常と、ふたりの子どもたちの成長の記録。書くことは生きること。出版翻訳者デビュー目指して修行中。

ヴァイオリン骨体操


2月に、
発売と同時に買った
ヴァイオリン骨体操の本。

挿絵と説明を見ながら、
練習前に時々やってみたり
していたのだけれど。

a0259665_17070796.jpg


細かい動きとかが、
イマイチこれで合っているのか
確信が持てずにいたところ。

小学生向けの講座を発見!

さっそく申し込み、
当日を心待ちにしていました。


会場は、
長男が年中から小2まで、
毎週ソルフェージュに通っていた場所。

懐かしのお茶の水です。

a0259665_17070817.jpg


まずは、
ヴァイオリンの弦をピチカートで弾いて、
音が聴こえなくなるまで身動きせずに
じーっと耳を傾ける練習。

このピチカートのときの、
右手の腕の動きが実は、
美しいボーイングへと繋がるそう。


次に、
わらべうたを使った、
脱力のための準備運動。

わらべうたって
本当にどんなときにも使えて、
万能で楽しい。

ただ運動するより、
おもしろおかしくなって、
場が一気に和みました。


そしていよいよ、
本にも載っている
7つのムーブメントの紹介。

一つひとつ、
丁寧に教えていただきました。


やはり、
百聞は一見にしかず。

思っていたよりずっと簡単で、
思っていたよりずっとハードでした。

なかなか疲れました(笑)


体操したあとは、
最後にまたみんなで楽器を取り出し、
実際に弾いてみて、
身体の変化を感じてみます。

長男は、
余計な力が抜けて、
ヴィブラートがかけやすくなった
と言っていました。


ヴァイオリ二スト向きの身体だと
言われる長男ですが。

より楽に、
ヴァイオリンを構えて
弾けるようになるため。

講座を受講後は、毎日練習の前に、
この7つのムーブメントを実践してから
音階なり、曲なり、エチュードなりを
やるようになりました。

本人も、
楽しんで体操しているので、
長く続けられるといいな。

講座の詳細はこちらから。
http://ameblo.jp/tempo120/entry-12283017878.html



by naturallymusic | 2017-06-16 17:06 | 本のこと | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31