Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

音楽ともに過ごす日常と、ふたりの子どもたちの成長の記録。書くことは生きること。出版翻訳者デビュー目指して修行中。

9歳


長男が9歳の誕生日を迎えました。

我が家の子どもたちはどういう因果か、
兄弟揃って祝日生まれ。

次男は祝日じゃなかったのに、
海の日以来20年ぶりの、
新しい国民の祝日になるのだとか。

a0259665_11254236.jpg


今年はインターネットで、
ヴァイオリンの形のケーキを
スペシャルオーダー。

ヴァイオリンというより、
見た目はちょっとギターっぽいけど(笑)


本人は、
予期せぬサプライズケーキに、
「ヴァイオリンだー!
すごい!これ、どうやって作ったのかな」
って大喜び。

あんなに喜んでもらえて、
母としてはあちこち探した甲斐がありました。

a0259665_11254288.jpg


午前中に冷凍で届いたため、
そのまま夜まで冷蔵庫で解凍。

肝心のお味は、、、
ベジでもない普通のケーキなので、
やはり甘かったですが、
すごいしつこくはなかったです。

長男は洋菓子の甘さが苦手で、
予想通り一口二口で終わったものの、
代わりにたくさん食べた人たちが約2名
(夫と次男、、、笑)

a0259665_11335856.jpg


誕生日プレゼントにベイブレード。

クリスマスにもらったケンダマクロスといい、
このベイブレードといい、
昔ながらの遊びが今こうしてまた、
現代版プラスティックな製品に様変わりして、
小学生の間では流行っているのね。

これもひとつの時代の流れなのかなあ。


すくすくと成長し、
身体つきはもはや小さかった頃の面影はなく、
すっかり「少年」になってきた長男。

男子特有の単純さと、
ひたすら一本道を突き進むまっすぐさに、
ちょっとしたひねくれ具合がプラスされて、
心底、あー面倒だなあって思うときと。

逆にこちらが拍子抜けするくらいの、
子どもらしいシンプルなリアクションを
返してくるときがあって。

基本、やっぱり男子はわからない(笑)

でもこの、
100%理解できないところを楽しめないと、
男子の母はやっていけないんだろうなって。


中身は年齢相応とは言え、
ヴァイオリンとなるとすっとスイッチが入って、
にわかに大人な顔つきになるのは相変わらず。

「楽器を持つと人が変わるね」
って言われるのも昔から。

近頃は音楽の表現も深く深く
掘り下げられるようになってきて、
楽器の力を借りてか、音も随分と変わってきた。


昨日もゴールデンウィークだというのに、
本番が近い我が家は朝から晩まで練習。

仕事を終えて戻ってきた夫が、
「長男のヴァイオリン、
最近目覚ましく進歩を遂げているね」って。


毎日毎日ものすごい量の基礎教本に
長時間費やしているおかげか、
特に音階。

本当に美しい音で弾けていることが
増えてきたように思う。


目下、
日々の練習は基礎に2時間半、
曲に2時間。

加えて休日は、
足りない分を補足練習したり、
時間のかかる譜読みをしたりするので、
昨日みたいに一日練習だけで終わるなんて
日常茶飯事。


FBなどで、
家族で出かけて楽しそうな様子を
垣間見たりすると、
貴重な子ども時代をヴァイオリンだけに
費やしてしまってよいものかと一瞬、
迷いが生じたりもするけれど。


長男が自分で選んだ道。

「ヴァイオリ二ストになりたい」

まだ夢が夢であり続けられるうちは、
母も全力でサポートしていくつもりです。


いずれもしかしたら、
いろんな現実が見えてきて、
夢が夢ではいられなくなって、
どうしても諦めないといけなくなるときが
来るかもしれないから、
少なくともそれまではね。

やらなかった後悔はしてもらいたくないし。



by naturallymusic | 2016-05-04 12:51 | 日々のこと | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31