Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

音楽ともに過ごす日常と、ふたりの子どもたちの成長の記録。書くことは生きること。出版翻訳者デビュー目指して修行中。

ヴァイオリンの湿度管理


シンフォニーくんを購入した楽器屋さんは、
今回初めてお付き合いさせていただくお店。

プロの方々が信頼して通われているそう。


行ってみてびっくりしたのが、
売り物を含め、調整済みの楽器はすべて
きちんと棚の中にしまわれていて。

しかも棚の中は、
常時湿度50%に保たれていること。

同じ部屋、同じ棚でも場所によって
少しずつ数値が変わるとかで、
あちこちに湿度計が置いてある。

担当の方はこの時期、
まず出社されると部屋中に霧吹きをかけ、
床をモップがけするのが日課だとか。


楽器屋さんと言えば、
部屋の天井近くから何本もヴァイオリンが
つるされているのが普通と思っていましたが、
違うのね。


ヴァイオリンではないけれど、
実家に行くといつも立ち寄るワイン屋さんを
思い出しました。

防腐剤などを一切添加していない
自然派ワインを多数扱うワイン屋さんで。

1年中ワインに適した温度に保たれていて、
店長以下みなさんずっと真夏でも
ダウンを着て仕事をしている。

直射日光が入らないように窓も入口も暗くて、
一見、営業しているのかわからないくらい(笑)


さて、
そんなふうに大切にケアされていた
シンフォニーくん。

我が家に来たら、
一階の練習室はちょっと、いやかなり?
乾燥しているようで。。。

湿気には結構気をつけてはいたのですが、
乾燥しすぎも良くないのね。


数日前に、
ケースを開けたらこれまたびっくり、
全部の弦が大幅に緩んでいて、
直そうとして駒が倒れ、魂柱が倒れ、、、
買って早々、大変な思いをしました(苦笑)

楽器屋さんに急いで電話をしたら、
湿度のせいかなと言われて。


今までは、
アナログの温湿度計を置いていたのだけれど、
やっぱりパッと数値で見えたほうがいいのかなと。

デジタルの湿度計を買い直したら、
一階の練習室の湿度、
なんと30%を切っていた、、、!

暖房なしで。

a0259665_15345567.jpg


慌てて今度は、加湿器を購入。

写真の湿度計は、
加湿器をつけ始めてからの数値なので、
大分上がっていますが。

a0259665_15345679.jpg


空気清浄機付きの、
アマゾンでトップセールスだった
シャープ製にしてみました。


練習中は常時つけっぱなし。

練習が終わったらしばらくは、
楽器は二階で保管することに。

二階のほうが湿度が高く、
加湿器を使わなくても大体50%前後には
なっているみたいだから。

a0259665_15345689.jpg


さらに、
湿度調整機能のシートも買って
ケース内に挿入。

このシートは何もしなくても、
入れているだけで湿度を40〜60%に
保ってくれるらしい。

消費期限は2年間。


とりあえずは、
こんな感じで様子を見ようと思います。

良い楽器は別の意味で、
いろいろ手をかけてあげないといけないのね。


弦楽器素人の母は何でも手探り。

何か事が起きてからじゃないと動けず、
悲しいかな、ひとつの失敗から、
ひとつの新しいことを学んでいくしかないのです。









by naturallymusic | 2016-02-19 15:34 | 音楽のこと | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31