Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

音楽ともに過ごす日常と、ふたりの子どもたちの成長の記録。書くことは生きること。出版翻訳者デビュー目指して修行中。

ラファエロ展と上野動物園


先週木曜日。

春休み最後のお出かけに、
上野まで。


またもや、
私の見たかったラファエロ展と、
息子が行きたがった動物園の
組み合わせです。


まずは、
上野駅構内のインド料理屋さんで
お昼ごはん。

a0259665_948516.jpg


ベジタブルカレーにインド米。

私は米派なので、
いつもナンは頼まずライスにします。


一方、
息子はナンが好きで、
「カレーとピザ!」って。

ピザはちょっと違うと思うが、、、(笑)


お腹がいっぱいになったところで、
ラファエロ展へ。

a0259665_9485257.jpg


混んでいるかなと思いきや、
そうでもなくて。
(ミュシャ展のほうが混雑していた)

割合ゆったりと見られました。


もちろん、
音声ガイドを借りて、
館内をぐるりと一回り。


息子は、
昨年秋にカトリック系の
モンテッソーリ園に移ったため、
「あ、マリアさまとイエスさまだ!」
とすぐに反応し、満更でもない様子。


私は今、
自分が身ごもっているせいか、
絵の中の聖母マリアの
イエスさまに対する眼差しに、
偉大なる母性を感じて、
すぐにはその場を離れられなかった
作品も多数。


1時間くらいの
短い時間だったけれど、
心に温かな余韻が残りました。


お土産に、
ポスターにもなっている代表作の
ポストカード(フレーム入り)を買い、
今度は動物園。


上野に来たのは二回目で、
息子の目的はパンダと、
相変わらず大好きなタイガーだったのだが。

あいにくタイガーは、
工事中で展示がなくて、
息子、しょんぼり、、、(笑)。


でもその代わりに、
夢中で眺めていたのがホッキョクグマ。

a0259665_9485280.jpg


ダイナミックに泳ぐ様は圧巻!

ふと周りを見渡せば、
大人も子どもも関係なくみんな
目が釘付けになっていた。


私の中のホッキョクグマと言えば、
昔まだ飛行機がアンカレッジ空港を
経由していた頃。

アンカレッジ空港のターミナルに、
大きなホッキョクグマの剥製が
飾られていて。

どういうわけだかずっと、
その姿が記憶の中に、、、。

ターミナルの免税店にいた、
日本人の店員のおばちゃんも
おもしろい人だったな(笑)。


園内を走るモノレールにも乗り、
ペンギンを見て、
最後はお土産屋さん。

案の定、
息子が選んだのは
小さなホッキョクグマ。


帰宅後さっそく、
頼まれてヴァイオリンケースに
付けました。

a0259665_948531.jpg



まもなく、
長い春休みも終わります。

あひるちゃんが生まれる夏までは、
引き続き意識して、
息子とのふたりの時間を大事に
作っていきたい。

生まれたら、
否応なしに赤ちゃんの世話に
時間を取られてしまうだろうから。
Commented by desire_san at 2013-04-14 13:06
こんにちは。
いろいろ勉強させてもらいながら楽しく読ませていただきました。
私もラファエロ展に行ってきました。
日本で初めてラファエロ展ということで期待していきましたが、
初期から中期の作品までこれぞラファエロという美しい作品が来ていましたね
「大公の聖母」は初めて見ましたが、その瀬疎な美しさに心を奪われました。

私はラファエロの美術の変遷を整理しながら
ラファエロ展の名品について書いてみました。
よろしかったら、ぜひ一読してみてください。
ご感想、ご意見などどんなことでも結構ですから、
ブログにコメントなどをいただけると感謝致します。

by naturallymusic | 2013-04-08 09:48 | 日々のこと | Comments(1)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31