Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

音楽ともに過ごす日常と、ふたりの子どもたちの成長の記録。書くことは生きること。出版翻訳者デビュー目指して修行中。

日本フィル夏休みコンサート


かなり前の出来事ですが、
ブログを書けずに溜まっていたものを
少しずつ。


8月の頭に、
横浜みなとみらいホールへ、
日本フィルの夏休みコンサートを
聴きに行ってきました。


a0259665_23544950.jpg



春休みの「オーケストラ探検」が
思いのほか楽しかったので。

引き続き日本フィルの、
エデュケーショナルプログラムを
体感してみたくて。


1975年にスタートしたという、
夏休みコンサート。

私がすごくいいなと思ったのは、
オーケストラだけでなく、
バレエも鑑賞できること。


短いダイジェスト版とは言え、
今年の演目は『白鳥の湖』。


大きな舞台装置は何もなくて。

ただ、オーケストラの前の
限られたスペースで、
バレエダンサーのみなさんが
踊るのだが。

私はとにかくもう、
舞台のライティングに感動。


長い手足が動くたび、
シルエットがホールの壁に映り。

ひとつひとつのしぐさが、
何倍も何倍も美しく。

久しぶりに、
バレエ作品をフルで観たくて
たまらなくなった。


ロンドン留学時代は、
オペラやミュージカルもそこそこに、
バレエばかり観に行っていたから。

まだ、
熊川哲也さんが、
ロイヤルバレエにいて……。


コンサートの最後は、
オーケストラの演奏に乗って、
会場のお客さんたちと
みんなで一緒に歌うコーナー。


曲目は、
中田喜直作曲の『夏の思い出』と、
忍たま乱太郎のテーマ曲
『勇気100%』。


特に、
『勇気100%』を歌ったときの、
会場のボルテージは最高潮に。

ここで不覚にも私は、
泣きそうになった(笑)。


ちょうど、
夫も開業したばかりだったし、
いろいろなことが歌詞の世界と
シンクロしてしまったのと。

会場全体の、
一体感の渦に巻き込まれ、
音楽の持つ力の強さを、
あらためて見せつけられた感じがして。


こちらは、
ロビーで販売されていた、
日本フィルとサンリオのコラボ商品。

ヴァイオリンを弾くキティちゃん。


a0259665_0285717.jpg



息子が欲しがって、
「ヴァイオリンの先生にも買う!」
とお揃いで2つ、お買い上げ。

買った傍から、
売り切れになったほど
好評だったらしい。


男の子なのに、
「どうしてキティちゃん?」
と思いつつ。


最近はいつも、
このキティちゃんを譜面台に乗せて
練習しているくらい、
気に入っているみたいだから
まあいいか(笑)。


そのほか、
日本フィルの、
オリジナルTシャツも購入。


a0259665_0351666.jpg



120cmと、
サイズは少し大きめなのだけれど、
本人、猫のイラストが大好きで、
しょっちゅう着ています。
by naturallymusic | 2012-08-25 01:04 | 音楽のこと | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31