Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

音楽ともに過ごす日常と、ふたりの子どもたちの成長の記録。書くことは生きること。出版翻訳者デビュー目指して修行中。

DIATONE


午前中、
父と新宿で待ち合わせて、
オーディオ屋さんめぐりへ。

お目当ては、
現在リフォーム中の自宅の、
夫の仕事場&私の教室スペースの天井に
それぞれ埋めるスピーカー。


音響学を長年研究する父だけに、
こういうとき、
音の専門家の意見は
貴重だ。

しかも事前に父が、
下調べをしておいてくれたおかげで、
私はすでにセレクションしてあった数台を
聴き比べるだけで済んだ。


天井に埋められる、
小型スピーカーと言うと。

大抵、人には、
「BOSEにするのですか?」
と聞かれるのだが。


父も私も、
BOSEの音がどうしても
好きになれないので、
そもそもの選択肢にない。

デジタルな感じの、
人工的な音がするから。


父に言わせると、
「いかにもBOSEって感じの音が
するだろう?」って(笑)。


もちろんその、
「いかにもBOSEって感じの音」が
好きな人も世の中にはたくさん
いるでしょうけれどね。


そしてこちらが、
夫の仕事場用に選んだ
スピーカー。


a0259665_20332646.jpg



すでに生産終了している、
1995年製のDIATONE DS-B1。


リフォームする前の天井に
埋めてあったのも、
父所有のこれよりひと回り大きい
DIATONEだった。

しかし、
工務店が誤って解体の際に
破棄してしまい……。


DIATONEの音が
気に入っていた父としては、
タイミングよく出会ったこれに
狙いを定めたらしい。


ピアノソロなどは特に、
粒の揃ったきれいな音がする。

低音は、
さほど強くは響かないけれど、
全体的に透明度の高い、
美しくまとまった音で。


聴いていると、
静かで落ちついた気持ちになる。

空間を邪魔しない、
主張しすぎない音。


スピーカーに合わせた、
DENONのアンプ兼CDプレーヤー兼
チューナーは新品。

同じく夫の仕事場に置く
予定のもの。

iPodにも繋げられるタイプなので、
父いわく、夫向きだと(笑)。


ひとまず、
今の仮住まい先の家のリビングに
オーディオのセッティングを
終えた父は。

ひとりソファに腰掛け、
ひとしきりDIATONEの音を
堪能して帰った。


ちなみに私の、
音楽教室のほうに選んだものは、
配送してもらうことにしたため、
今はまだ手元にない。

届いたらまた、
ご紹介したいと思う。
by naturallymusic | 2012-02-09 20:55 | 家づくり | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31