Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

音楽ともに過ごす日常と、ふたりの子どもたちの成長の記録。書くことは生きること。出版翻訳者デビュー目指して修行中。

37


先日、37歳の誕生日を迎えました。

a0259665_18012470.jpg


そろそろ次の大台が近づいてきて、
何となくそわそわしてしまう。

私は悔いのない30代を送れているかしらって。


自分の中の40歳までの目標として、
翻訳書を1冊出すというのを挙げているのに、
今現在、翻訳学校休学中なのが、
ちょっと歯がゆくてならない。


今年はとにかく小学校PTA執行部イヤー、
副会長職が予想外に忙しすぎた。

活動自体は楽しかったから、
お引き受けして良かったとは思っているけれど、
学校への貢献度が半端ない。。。


年が明けたら、
次年度への引き継ぎが始まる。

ここまで来たらラストスパート、
頑張りたい。


とは言え、
来年度は校外生活部、
地域班班長に内定済み。

校外は土日の活動が多いらしく、
土日にレッスンしている私はまたまた
スケジュール調整に頭を抱える一年になりそうだ。


翻訳学校、来春復帰できるかな。
いや、何としても復帰しなくちゃね。


Music Together、
ピアノレッスン、
ライター業、
執行部、
長男のヴァイオリン。

我ながら、
よくやっているなって、
今年の誕生日は自分で自分を褒めてあげた。


中でも相変わらず大変なのは、
長男のヴァイオリン。

ますます日々の練習時間が延びて、
今や平日5時間、休日は7時間なんてざら。

小学校3年生がこんなにも毎日毎日遊びにも行かず、
ヴァイオリンだけに時間を費やしているのは、
側から見たら異様だと思う。


でも、それが音楽のプロを目指す世界。
(そして、ヴァイオリンは特に、
親子二人三脚で頑張らないといけない世界)

しかも、これだけ頑張っていても、
将来ヴァイオリ二ストになれる身の保証なんて
どこにもない。


ヴァイオリンの魔力にかかったが最後、
もう引くに引けないのだから、
前に進むより仕方ないのよ(笑)


本人に、
どうしてヴァイオリンにこだわるのか、
ヴァイオリンじゃなきゃダメなのか、
聞いてみても、
「だって好きなんだもん、弾きたいんだもん」

理屈なしに好きって、
素晴らしいことではあるけれど、
学びを日々支える親の私は悩みも尽きません。

a0259665_19181527.jpg


それでも、
数ヶ月前には苦労していた音階が
いつのまにかスラスラ弾けるようになっていたり、
親の私でさえ、
思わずぞくぞくしてしまうくらいの良い音を
突如として出したり。

久しぶりに長男のヴァイオリンを聴いて、
ボーイングが綺麗になった!って
褒めてくださる方がいたり、
初めて聴いた方が感動してくださったりと、
時折喜びもある。


ついつい欠点ばかりに目が行きがちですが、
できるだけ小さな成長を探して、
励みにしていきたい。

a0259665_19181605.jpg


誕生日当日は、
夫が予約してくれていた
洋食屋さんへ。


なんと11年前、
初めて夫が私の誕生日を祝ってくれた場所。

2人だったのが家族4人になって、
こうしてみんなで来られて幸せでした。


11年ぶりのマカロニグラタン、
変わらぬ味で美味しかった!

a0259665_19181749.jpg


サプライズプレゼントは、
ティファニーのピアス。


翌朝、ふと洗面所の棚を開けたら、
目に飛び込んだきたプレゼントの包み。

同じく11年前、
夫にもらった初めての誕生日プレゼントが
ティファニー。


出会って11年、結婚して10年。

初心に帰ろうって、
すべては夫が内緒で計画してくれたこと。


私が長男のヴァイオリンにかかりきりになれるのも、
夫が家事を手伝ってくれるおかげ。

いつもいつも、ありがとう。



by naturallymusic | 2016-11-24 19:17 | 日々のこと | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31