Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

音楽ともに過ごす日常と、ふたりの子どもたちの成長の記録。書くことは生きること。出版翻訳者デビュー目指して修行中。

水瓶座の新月に交差する運命


ヴァイオリンというのは、
つくづく不思議な楽器だなと思う。

縁とか出合いとか、
巡り合わせとかタイミングとか、
運命とか。

そんな、
一見スピリチュアルにも感じる言葉が、
ヴァイオリンには常についてまわる気がします。


購入した頃から、
駒トラブルばかりだった今の1/2。

一時期落ち着いていたときもあったのですが、
近頃はふたたびトラブル続きで。。。

修理代もかさむことだし、
実は少し前からもういっそのこと
買い替えようと思って、
実際に探してもらったりもしていました。


最後の砦じゃないけれど、
とある楽器屋さんに修理に出したら。

修理中、
練習できないと困るだろうからって、
代わりの楽器を貸していただけて。

今のと同じくらいの年代の楽器で、
ただしフレンチではなく、ドイツもの。


それがまた、弾いてびっくり!
深くて良い響きがするのです。

自分の楽器とさしてお値段は変わらないのに、
こんなに違うのかと。

音楽のことはよくわからない夫までもが、
「今の1/2は元のお店に返して、
これ買ったら?」って言ったほど。


弾いている本人は、
違いがもっと明確にわかるらしく、
当然のことながら、
「これ、絶対に返さないからね!」
と言い出して。。。

どうしたものかと考えているうちに、
自分の楽器を受け取る日がやってきました。


楽器屋さんの試奏室で長男が、
もう最後だからとお借りしていた1/2を弾いていると、
社長さんがやってきて。

「きみ、上手だね。
よかったらぜひ、
弾いてもらいたい楽器があるんだけど、
ちょっと待ってて」


しばらくして、
楽器を手に戻ってきた社長さん。

「下取りで戻ってきたばかりで、
セットアップされてなかった」

見ると確かに、
テールピースと弦が外されていました。


「急いで弦を張ってくることもできるけど、
弾いてみる?
これはね、
今うちにある1/2の中で一番良い楽器で、
ドイツの1800年代の楽器だから、
1800年代の音がするんだよ。
ここにある他の1/2と比べると音の格が違う。
一段上の音だよ」

そこまで言われたら!
人間、誰でも弾いてみたくなりますよね。


お願いして、
弦を張ってもらいました。

「まだ正式にはきちんと調整してないから、
本来はもっと音が出るはずだけど」


長男は、
この楽器ももちろん素晴らしいのですが、
お借りしていた楽器も捨てがたい様子。

素人の私たちには、
楽器の良し悪しについての判断が
できなかったので。

結局二本ともお借りして、
レッスンに行きました。


最終的に先生が選んでくださったのは、
やはり、1800年代の楽器でした。

修理中にお借りしていた楽器は、
いい楽器だけれどちょっと音がこもる。

一方のこちらは、
倍音がよく響いて、ホールで映える音だと。


先生の一言で、
私たちの心も決まりました。

もちろん、
今回弾き比べたのは二本だけで、
探せば他にもっと良い楽器はあったのかもしれませんが。


たまたま、
楽器を受け取るのと同じ日に
レッスンがあって。

楽器を紹介してもらったその日に、
先生にも聴いていただけた。


これが何よりのタイミング。
巡り合わせだろうなって。

楽器のほうから、
長男に近寄ってきてくれたのだから。


あとから実家の母に、
楽器に出合った日は水瓶座の新月だった
と教わった。


水瓶座の新月とは、

「この日には、停滞した状態に
革命的な変化を起こす力が授かる。
今まで思いもつかなかった方法で、
抱えている問題に解決策を見出せるのも、
水瓶座の新月の力」


考えれば考えるほど、
楽器との出合いは不思議以外の何物でもなくて、
自分たちには到底及ばない力が働いているとしか
思えない。


新しい楽器は、
正式なセットアップと調整がされたのち、
来週月曜日に引き渡しです。

どうかどうか、
この出合いが長男にさらなる成長をもたらし、
また新たな道を切り開いていってくれますように。


写真は、
修理されて戻ってきた自分の楽器と、

a0259665_20314919.jpg


修理中にお借りしていた楽器。

a0259665_20314975.jpg


差し渡しをしてくれた、
これら二本の楽器にも深く感謝しています。





Commented by よしこ at 2016-03-05 14:27 x
はじめまして。
今春小学3年生になる息子がおります。
本人の希望で年中終わりからバイオリンを始めました。
昨日、バイオリンに関係するブログを探していた時に、こちらに辿り着きました。
息子さんのバイオリンに対する気持ちと使われている楽器との出逢い、縁のお話に感動致しました。

うちの息子は音楽の道に進めることはないと思いますが、バイオリンが大好きです。
フルサイズの時には出来る範囲で息子のパートナーを探したいと思っています。

素敵なお話をどうもありがとうございましたm(__)m
Commented by naturallymusic at 2016-03-06 00:36
よしこさん、

はじめまして。
コメントありがとうございます!

うちの長男も4月から3年生なので、息子さんと一緒ですね。

私はずっとピアノをやってきたので、長男を見ていると、ヴァイオリン独特のパートナーシップみたいなものに、軽く嫉妬心を覚えます(笑)正直、羨ましいです。まさに、自分の楽器ですよね。

フルサイズになると、ヴァイオリンはもっとずっと楽しくなるとも聞きますし、フルサイズは分数以上に縁と出合いとタイミングだと思うので、息子さんにどんな出合いがあるか、楽しみですね!
by naturallymusic | 2016-02-09 20:31 | 音楽のこと | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31